LIVE REPORT:私が彼女の音楽を聴く理由

LIVE REPORT:私が彼女の音楽を聴く理由

しとしとと冷たい雨が降る3月26日、下北沢440にてLOVEのデビュー15周年を記念したライブ“十五のお礼参り ~必須の四弦~”が開催された。

Ba.真船勝博と2人でステージに登場し、アコースティックギターを手にするLOVE。「あ~、久しぶり! 超嬉しい! よろしくお願いします!」と喜びをぎゅっと噛みしめるように、1本1本の弦の感触を確かめるように、「Don't Be Sorry」でライブスタート。

 

 

彼女が紡いだ言葉1つ1つが胸に響き、身体の芯が熱くなる。LOVEは歌詞を替え、“私のような欠落人間が/15年も歌ってこれました/みなさま誠にすいません/そしてありがとう”と歌い、客席から拍手が贈られる。
凛とした歌と真船の力強いリズムが鳴り響く「オドレイ」。曲中に真船やチームスタッフの紹介を挟みつつ、華々しくライブの幕開けを飾る。福音のように鳴る歌は生命力に溢れていて、身体中に力がみなぎってくる。その勢いのまま「素晴らしき日々」へ。全力でギターをかき鳴らして力強く歌うLOVEと、気持ちよさそうに身体を揺らしながら歌を支える真船。ステージを温かくて柔らかくて心地いいグルーヴが包み込む。

 

 

パンデミック前の最後のライブが下北沢440で、音楽活動を始めた最初のライブがギターとベースの編成だったという。そのような経緯があって今日この場所で、このような編成でのライブが企画されたとのこと。「今日は原点に戻るような気持ちでやらせていただきます。よろしくお願いします」と再び頭を下げ、デビュー曲「過ちのサニー」へ。

同曲を聴きながら初めてLOVEを知ったデビュー当時に想いを馳せ、彼女のスタンスは15年前からずっと変わっていないと改めて実感する。痛みと悲しさを享受して力強く前に進もうとする精神性と、綿密に構築されたクオリティの高い音楽性。それらを駆使しながら、ステージでは太陽のように輝く人間味を溢れさせて魅了する。ライブを観るたびに、この人には敵わないと思う。

 

真船と一緒に生み出したグルーヴがとてつもなく心地いい「沈黙のスコーピオ」、観客の手拍子に乗って雄大なサウンドスケープを作り出した「Fool's Paradise」。体温を感じさせるアンサンブルに乗せて「My Name Is LOVE」で愛を歌い、目の前の人たちに話しかけるように「遠い声」を歌う。彼女の音楽はとても表情豊か。触れるだけで幸せな気持ちになり、感情が踊る。

 

 

ウッドベースを弓弾きする真船と音を合わせ、「最高!」とライブができる喜びを叫ぶLOVE。「君は僕のセンユウ」では優しくて温かくて強くて真っ直ぐな歌に魅了され、「Waiting List Of Dreams」ではたおやかで瑞々しいハーモニーに惹き込まれる。

 「私、“愛”というのはとてもプラティカルで役に立つものなんだ! ということをずっと言ってきたような気がします。大事なものは変わりません」という言葉の後に鳴らした「1000日の夏」と「共鳴-resonant-」では、客席から沸き起こったクラップと一緒にライブを作っていく。

 

 

15年間の感謝の気持ちを改めて告げ、山下達郎のカヴァー「蒼氓」から「SOMA BLUE」へと繋ぎ、本編最後は新曲「Someone To Love」。真船のフレットレスベースに心が震え、手話を交えて歌うLOVEに圧倒される。その場から一歩も動けない。音楽的にも人間的にも、彼女が15年間ずっと前に進み続けてきたことを証明するかのような同曲。15年かけて彼女が辿り着いた音楽は、とんでもなくかっこよかった。

アンコールでは観客のクラップに包まれながら「明日への自由」を全力で演り切り、何度も何度も感謝の気持ちを告げ、会場を笑顔と拍手で埋め尽くして大団円。「ありがとう! バイバ~イ!」と笑顔で手を振りながら彼女はステージを後にした。

 

この日の1曲目「Don't Be Sorry」の歌詞には、“うちの母親は言う/音楽などなくても生きてゆけると/だけど音の鳴らない生活は/どれだけ寂しいんだろうと/だから私は歌う”という一節がある。  初めてLOVEを知ってから、彼女の歌は常に人生と共に在った。例えLOVEのライブに行く機会がない時期であっても、何かあるたびに彼女の音楽に励まされ、背中を押され、生きる力をもらってきた。彼女が歌い続けてきた15年、同じようにきっと数え切れないほどの人たちが、LOVEの音楽に生きる力をもらってきたことだろう。音楽などなくても生きていけるかもしれないけれど、私はLOVEの歌を聴く。これからもずっと。

 

Photography by Kohei Suzuki
Text by Takeshi Yamanaka(JUNGLE☆LIFE)

 

LOVE 15th Anniversary “十五のお礼参り ~必須の四弦~”

2022/3/26(土)@下北沢440
LOVE / 真船勝博(Ba.)

<Set List>

  • 1.Don’t Be Sorry
  • 2.オドレイ
  • 3.素晴らしき日々
  • 4.過ちのサニー
  • 5.沈黙のスコーピオ
  • 6.Fool’s Paradise
  • 7.My Name Is LOVE
  • 8.遠い声
  • 9.君は僕のセンユウ
  • 10.Waiting List Of Dreams
  • 11.1000日の夏
  • 12.共鳴-resonant-
  • 13.蒼氓~SOMA BLUE
  • 14.Someone To Love
  • ~encore~
  • 15.明日への自由